地域看護師のブログ

地域の守護神を本気で目指すブログ

訪問看護はどうあるべきか



訪問看護師になり半年過ぎました(*´∀`*)

 

 

半年経って思うことは、

自分はまだ

訪問看護師として半人前だなぁ

ということです。

 

どうしてそう思うのか?

 

 

いまだに

訪問看護がどうあるべきなのか、

整理できないでいるからかな…( ´_ゝ`)

 

 

訪問看護はどうあるべきか??

 

 

そもそも、

私が病院で働いていたとき

何を考えて看護をしていたのだろう?( ´-`)

 

 

看護がどうあるべきか、

病院で働いていたとき、

私はどう考えていたのだろう?( ´-`)

 

病院における業務を

淡々と機械的にこなしていた だけ?( ;∀;)

 

あいさつして、

受け持ち患者を確認して、

情報をとって、

内服と注射の準備をして、

血糖測定とか、

インスリンとか、

バイタルサインのチェックとか、

点滴とか、

モニターのチェックとか、

検査出し、手術出しとか、

退院準備とか、

看護記録とか、

看護必要度の評価とか…

 

考えなくていい慣れた仕事だけで

時間が埋まって、

その場その場でただ仕事していただけ?( ´_ゝ`)

 

急変とか、緊急時の対応もさんざんしてきた。

 

けれど、

何だかんだ処置をしつつ、

最終的には医師に報告して、

申し送りをして、

それで終わり?( ´-`)

 

 

そこが

病院の看護と訪問看護の違いなのかなぁ。

( ´_ゝ`)

 

訪問看護には、

入院はあっても退院はないから…(/。\)

 

訪問の契約が終了にならない限り、

最期まで看護をしなければならないのだ(^_^)

 

だから、

その人が死ぬときの状況まで、

ある程度見通しをたてて看護をするべきだと思う(*´∀`*)

 

そして、それ担うのも自分。

自分の責任で看護を全うしなければならない。

 

 

訪問看護がどうあるべきか。

 

今の自分が考える答えはこうだ。

 

穏やかな最期が迎えられる看護をする

 

すべての人に当てはまることではないかもしれないけれど、人はいつか死ぬ、ということをきちんと考えておかないといけないから。

 

今はこれを目指して看護をしていこうと思います(*´∀`*)


f:id:aiko-and-sibajyun:20171031234649j:image

 

看護を行う私たちは、

人間とは何か、

人はいかに生きるかをいつも問いただし、

研鑽を積んでいく必要がある。

 

- フローレンス・ナイチンゲール -