地域看護師のブログ

地域の守護神を本気で目指すブログ

冬のノロウイルス感染予防にピューラックス。予防法と嘔吐後の処理方法について



こんにちは。

なすもやしです。

 

今年の夏は猛暑でしたが、

ようやく少し肌寒くなり、

秋らしくなってきましたね。

 

夏は猛暑・台風など、異常気象が続きましたが、秋から冬は穏やかに過ぎてくれれば、と願うばかりです。

 

秋から冬は、気温低下乾燥の季節です。

 

インフルエンザや風邪に気を付けながら、

きちんと体を暖かくして、手洗い・うがいで感染予防をしていきましょう。

 

そして、もうひとつ気を付けなければならないのが、感染性胃腸炎。

 

ずばり、ノロウイルスです。


f:id:aiko-and-sibajyun:20181022191614j:image

 

ノロウイルスも冬季に流行するため、

適切に対応するための知識・情報を得て、感染拡大の予防に努めていきましょう。

 

 

ノロウイルスの感染対策

 

 

ノロウイルスの特徴

 

主に経口感染によって起こり、下痢や吐き気、嘔吐、時に腹痛,発熱などの症状を起こします。

 

秋~冬にかけて流行し、10~100個程度の少ないウイルスの量でも感染します。

 

潜伏期間は24~48時間。

 

有効な治療薬はありません。

 

風邪と同じように、対症療法が主な治療になります。

 

また、アルコール消毒は効果がありません。

 

 

ノロウイルスの感染経路

主に、

食中毒型と、二次感染型に分類されます。

 

食中毒型


f:id:aiko-and-sibajyun:20181022191827j:image

ノロウイルスに汚染された牡蠣などの二枚貝を食べたり、ノロウイルスに感染している調理者を介して、汚染された水や食物の飲食をすることで起こります。

 

二次感染型


f:id:aiko-and-sibajyun:20181022191637j:image

便嘔吐物などから、直接または間接的に感染したり、や、などの環境表面、物品を介して感染することで起こります。

 

感染対策が不十分だと、便や嘔吐物を処理した人や近くにいた人が感染してしまい、家庭内で感染が広がる恐れがあります。

 

特に、子ども高齢者は免疫力が低いので、感染のリスクは高まります。

 

ノロウイルスの対応

ノロウイルスに有効な治療法はありません。

したがって、感染予防および二次感染予防が重要です。

 

ノロウイルスの感染予防
 
1.手洗い・うがい

 最も基本的なことは、手洗い、うがいです。

 

特に、

トイレの後、調理の前、食事の前は必ず手洗いをしましょう。

 

手洗いは石けんを使用し、しっかりと流水で洗い流します。


できればタオルの共用はせずに、

ペーパータオルなどの使用をしましょう。


2.食品の十分な加熱

 ノロウイルスは、85℃~90℃で90秒間以上の加熱により感染力を失うとされています。

 

ノロウイルスが含まれている可能性のある食品は、中心部までよく加熱します。


3.消毒

調理器具の消毒が大切です。

 

まな板、包丁、食器、ふきん、タオル等は熱湯による消毒が有効です。


ノロウイルスは、石けんやアルコールでは消毒効果が不十分なので、次亜塩素酸ナトリウム(ピューラックス、ミルトンなど。また、手の消毒には適さないので注意)を用います。


感染の拡大を防ぐため、汚染した衣服や器具,部屋の中も消毒する必要があります。

 

ノロウイルスの二次感染予防


f:id:aiko-and-sibajyun:20181022191637j:image

 

家庭内で嘔吐や下痢が発生したら、直ちに処理が必要です。

 

嘔吐物の処理

直ちに清掃しましょう。

範囲は半径2m内を清掃します。

清掃中は、他の人が清掃の範囲に近づかないようにしましょう。

 

処理する人は、

自分が感染しないように、清掃する前に個人防護をすることが必要です。

 

  • 使い捨ての手袋(手からの感染を予防)
  • マスク(ノロウイルスは舞い上がるので、口・鼻からの感染を予防)
  • 使い捨てのガウン(衣服の感染を予防。ダイソーなどの100円均一などでも売っていますが、なければゴミ袋に穴を開けてかぶったり、使い捨てのエプロンでもいいです)
  • レジ袋2つ(床からの感染予防のため、レジ袋を履きます。靴下のように足を包んで取っ手を結べばOKです)
  • 大きいゴミ袋(嘔吐物や、使用したタオル、ペーパータオル、手袋、レジ袋などを入れます)

 

事前に準備しておくと楽ですね!

 

消毒液の作り方

ノロウイルスは、石けんやアルコールでは消毒効果が不十分なので、次亜塩素酸ナトリウムを用います。

 

スーパーやドラッグストアに、

  • ピューラックス(次亜塩素酸6%)
  • ミルトン(次亜塩素酸1.1%)
  • ハイター(次亜塩素酸6%)

などの商品名で売っています。

 

これを、0.1%に薄めます。

バケツや洗面器に入れて、清掃を行います。

 

ピューラックス、ハイター(次亜塩素酸6%)なら、

水3Lに対して消毒液50ml

水600mlに対して消毒液10ml

になります。

 

ミルトンなら、

水3Lに対して消毒液300ml

水600mlに対して消毒液60ml

になります。

 

また、0.1%に希釈済みの商品(ウイルバス1000、ハクゾウ ジアパック等)も売っていますが、なかなかお店にはないかもしれません。

 

Amazonなどの通販ならば、確実にてにいれることができます。

 

ウイルバス1000

 

ハクゾウ ジアパック

 

嘔吐物処理の手順

 

1、まずは嘔吐物を拭き取る

まず、嘔吐物をタオルやペーパータオルで外側から中心に向かって拭き取ります。感染の範囲を広げないように気を付けます。

 

拭いた嘔吐物やタオル、ペーパータオル、手袋、レジ袋は、ゴミ袋に入れます。

 

拭き終わったら、使い捨て手袋を交換し、ゴミ袋の口を密閉します。

 

2.嘔吐物を除去したら、床を消毒する

嘔吐物を拭き取った所に、0.1%の次亜塩素酸の消毒液を染み込ませたタオルを広げ、外側から中心に向かって拭きます。

 

また、ペーパータオルなどの紙では、消毒液の効果が低下するため、できれば使用せずにタオルなどの布を使用しましょう。

 

消毒液や嘔吐物の臭いで気分を悪くすることがあります。処理中、処理後は窓を開けたり、換気扇を回して換気をしましょう。

 

トイレでの嘔吐や下痢した時の消毒

次亜塩素酸0.1%の消毒液で、

  1. ドアノブ
  2. 手すり
  3. ぺーパーホルダー
  4. 便座
  5. スイッチ類
  6. 便座のフタ
  7. 水洗レバー

をきちんと拭きましょう。

 

また、できれば毎回のトイレの後に消毒をすることが望ましいです。

 

できるなら、家族全員が消毒できるように、消毒のやり方を説明しておきましょう。

(特に子どもと高齢者は感染しやすいです。)

 

嘔吐物を処理した後は

 
手洗いする!

手袋、マスク、ガウン、レジ袋などの個人防護を外した後は、すぐに石鹸で手洗いします。

 

指先、指の間、親指、手首を忘れずに。

15秒以上石鹸で洗い、

15秒以上流水で洗い流しましょう。

 

汚れた布類は?

消毒に使ったタオルや汚れたシーツやカバー等の布類は、0.02%の次亜塩素酸の消毒液に60分、バケツなどに入れて浸し消毒します。

 

ピューラックス、ハイター(次亜塩素酸6%)なら、

水3Lに対して消毒液10ml

水600mlに対して消毒液2ml

になります。

 

ミルトンなら、

水3Lに対して消毒液60ml

水600mlに対して消毒液12ml

になります。

 

こちらの濃度も、希釈済みの商品があるので、希釈済み商品を検討してもよいかと思います。

 

ウイルバス200

消毒の後は、他のものと分けて最後に洗濯をして処理完了です。

 

お疲れさまでした。

 

嘔吐物が入ったゴミ袋の廃棄方法は?

自治体の8割は、感染性の廃棄物でも一般ごみとして廃棄可能です。

ですが、市町村のホームページなどで確認して廃棄することをおすすめします。

東京23区では、一般ごみで廃棄可能です。

 

 

今回の記事は以上になります。

 


f:id:aiko-and-sibajyun:20181022192122j:image


ノロウイルスは正しく対応することで、感染の拡大を予防できます!

自分と家族を感染から守りましょう!

 

 

皆さんのご意見をお待ちしております。