地域看護師のブログ

在宅看護について、つらつらと綴ります。

訪問看護の、これが大変、忙しい!①『訪問看護報告書・訪問看護計画書』



こんばんは、なすもやしです。

数年振りです。

ブログ書いています…

 

2017年4月から、

訪問看護ステーションに転職をしまして、

それから5年経ちました。

 

5年のうちに色々なことを経験して、

勉強になったこと、大変だったこと、

嬉しかったことがたくさんあって、

 

病院勤務をしていた頃よりも

何十倍も濃い看護をしてきたなぁ、

という実感があるのですが、

 

忙しすぎて、

学びの整理もブログの投稿も

追い付かず…

 

妻と子供が静まった

この真夜中0時に、

ようやブログに手をつけ始めた次第です。

 

そういうわけで、今回は

『訪問看護のここが忙しい!』

と題しまして、書いていきたいと思います!

 

宜しくお願い致します。

 

訪問看護の何が忙しいのかと言いますと、

ざっとあげるとこんな感じだと思います。

 

  1. ケアマネージャー、医師への報告書・計画書提出
  2. 関係各所への電話、FAX
  3. 訪問時間のスケジュール調整
  4. 請求関連の加算の確認
  5. ケアマネージャー、医師へのご挨拶(営業を含む)
  6. 雨天時の移動(特に自転車移動の場合)
  7. 夜勤(オンコール対応)
  8. ご利用者さま入院時のサマリー作成

 

一つずつ説明していきたいとおもいますが、

今回は

1.ケアマネージャー、医師への報告書・計画書提出

についてやっていきます。

 

宜しくお願い致します!

 

1.ケアマネージャー、医師への報告書提出

 

訪問看護師は、病院看護師と比べると

書類の作成業務がかなり多くなります。

それはなぜか。

 

報告書・計画書の作成

という業務があるからです。

 


f:id:aiko-and-sibajyun:20220617004556j:image

これから訪問看護に転職するぞー!

という人は、書類作成が確実に増えますから、覚悟してくださいね…

 

(でも、小規模の訪問看護ステーションだと、

管理者が全部報告書を書く

という所も、あるらしいですね。)

 

国で決められていることなので、

ケアマネージャー、医師への報告書・計画書の記載・提出は必須になります。

 

まぁ、地域包括ケアのためには多職種連携は欠かせないので、書くのはどうしても大事になるんですよね。

 

電話とFAXで何度も先生とケアマネージャーとはリアルタイムでやり取りするから、いらないような気もするけど…といったら、ご利用者さまに怒られちゃいますね。

 

何でもそうですが、

慣れれば楽になりますが、慣れるまでが大変です。

 

ご利用者さま1人あたりの

報告書・計画書作成に要する時間は、

およそ10-30分位になるかと思います。

 

その月のご利用者さまの状態変化が多いほど、書くことは多くなります…

 

ですので、

なるべくご利用者さまへの看護を通して

状態変化を予防して体調安定させることが、

看護師の業務の軽減にもなります…

 

ちなみに私は毎月25-30人くらいの

ご利用者さまを担当させて頂いているので、

 

全員分の報告書を書くのに

8-10時間位は使っています…

(時間かかりすぎかな?)

 

大抵、報告書は訪問時間外で作成することになるので、残業の原因になっている訪問看護ステーションはかなりあるかと思います。

 

多分この担当人数は

全体の訪問看護ステーションをみても

多い方だと思いますので、

これから訪問看護やるぞー!という人は

あまりビビらなくても大丈夫です。

慣れますから。仕事の要は慣れです。

 

というわけで、

今回は以上になります!

 

次回は

2.関係各所への電話、FAX

について書いていきたいと思います!

 

ではまた!